エキパイチェンジVOL.2

 

 

結局エキパイを交換する事になった、

 

問題のVOL.1で書いた異音はエキパイ交換で完治。

 

 

にしてもピカピカなエキパイ、新車気分がハンパない。

 

 

異音の症状が出た時は焦ったが、考え方を変えれば保証期間内で発生したので結果良かったのではないか。

 

事の真相を追求したいが、エキパイは分割式でないので中は覗けない、いずれ何か奥底で事件が起きていたのであろう。

 

 

 

 

バイク仲間から、「いい色に焼けてるね!」とお褒めまでいただいたが、わずか半年でサヨナラとは…

 

 

異音がしなくなった事で気分も良く、にかほ高原をブラり。

 

 

 

にかほ市「キッチン森本」で夏野菜のカレーをいただき、去り行く夏を惜しむ。

 

 

 

 

そのまま南由利原高原に流れ、花立牧場で定番のプリンソフト食らう、

 

見て想像通りのお味、プリン&ソフトという工夫感まるでナシの組み合わせ…

 

しかしコレが最強に美味い、通る時は寒い時期でも必ず食べてしまう。

 

 

 

夕方帰路についたが、みるみる前方の雲が黒くなり、約30分ほどマジなドシャ降りに強襲される、

 

気候急変で20℃まで気温が降下、メッシュジャケットはスポンジのように冷たい雨を吸い、

メットの中からパンツまでズブ濡れ…冷え冷えで帰宅。しかも帰宅と同時に雨もピタリと止む、さすが雨男なオレ。

 

高原では青空が広がっていたので完全に油断した、普段から雨雲レーダーをマメにチェック、だいたいはうまくかわすのだが今日は負けた。

 

 

 

 

今朝、自宅を出てしばらくしてから気づいたのだが、ナビ画面が真っ暗…通電していない?

 

次はナビか!と戦慄が走ったが、どうやらナビのバッテリー切れのようだ、二週間くらい乗ってなかったからかナビバッテリーが空だったようで、そうなるとアクセサリONの判断ができないのか通電せずそのまま画面が真っ暗なままになるようだ。

 

1時間ほど走り、ナビのバッテリーが少し給電されると正常にアクセサリONで電源が入り画面が表示された。

 

 

何かとイベントが多いR1250GS、不安も少しあるがソレはソレで肯定的に楽しめるようになった、

 GSは人間も成長させてくれる。

 

コメント